Design

デザイン

「デザイン」は、本来はアート・芸術からレイアウト・設計まで、幅広い意味を持ちます。R-Crafzでは視覚的な表現のみではなく、目的を達成するための設計・レイアウト・ビジュアル表現も全て「デザイン」と考えています。

R-Crafzの方針

R-Crafzでは、伝えるべき内容がクリアに相手に伝わる事を大前提に、華美な装飾を極力そぎ落とし、レイアウト・配色のバランスが整い、流行に左右されないビジュアル表現を目指しています。

デザインは十分なヒアリングの上でサービスのイメージと顧客層にあわせて検討し、配置する情報の優先度とレイアウト・配色などのバランスを調整しながらお客様と共に決定していきます。

商業デザインとアートについて

ビジネス目的のデザインを検討する場合、依頼側も制作側も混同しがちですが、「アート(芸術)」と「商業デザイン」は目的、プロセス、効果が全く異なるものである事を注意しなければなりません。

前者は自身の感性と感情で生み出し、表現そのものに目的とメッセージがあり、独自性ある視点とスキルで人々を感動させ心地よくさせるもの。

後者はビジネスという最終目標が大前提にあり、経験・ノウハウと客観性をもって受け手を考慮ながら生み出し、その目的をビジュアル表現を通して正確に伝えるもの。

もちろん例外もありますが、チラシやポスターでも、バナーやWebシステムでも、ビジネスとしてのツールである以上、意図をきちんと伝えるという機能を犠牲にしてはなりません。

もちろんアート的な感性・感覚も必要ですが、商業的な要素をクリアした上で取り入れなければ本来の目的を達成できません。

情報デザインの重要性

目的をもってきれいにデザインされた「情報」はストレス無くすんなりと受け手の心に入っていきます。あらゆるビジネス利用のデザインにおいて根本的に重要なのがこの「情報のデザイン」です。

目的は?誰のためのものなのか?何を伝えたいのか?どの情報をどのような優先度で見せるべきなのか?事業戦略、コンセプト、商品の特性を整理し、キャッチコピーやキーワード、テキストなどの情報を組み立てていきます。

これは後々ビジュアル面を構成する各要素の選択と優先度、レイアウトのベースとなり、Webシステムの場合は更にページ構成・システム設計・DB設計のベースとなります。